どのように利用したらよいかをよく把握しておく

提携先に印刷を依頼しよう

印刷機

定型化ができると簡単で便利

チラシ印刷をしばしばおこなっている場合には業者に依頼するときの手間をできるだけ省けるようにするのが大切です。簡単に発注できるようにするだけでチラシ印刷の業務負担が減るだけでなく、急ぎのときにもスムーズに納品してもらえるようになります。その方策として最も有効なのがチラシ印刷を依頼する業者を決めてしまって提携関係を作ることです。頻繁にチラシ印刷をしている場合にはある程度形式が決まっているでしょう。印刷する用紙の種類や色数、必要な枚数に加え、オプションとして指定するものもほぼ固定化されているのが一般的です。また、定期的にチラシを配っている場合には、原稿を作成してから配布するまでの日数も決まっていて、印刷依頼から納品までに許容できる期間が毎回ほとんど同じことも珍しくありません。このような形で業者への指定事項が定型化されている場合には提携先を作ると毎回細かな指定をする必要がなくなります。いつものようにこの原稿でお願いしますという形で原稿ファイルを送るだけで、見積もりを出してもらい、速やかに印刷に取り掛かってもらえるのです。さまざまなチラシを作っていて定型化が難しい場合にも、用紙の種類や納期などについていくつかの共通点があるでしょう。共通する部分が多いほど業者とのやり取りもスムーズになり、発注の手間が減るのが一般的です。チラシ印刷の頻度が高い現場ほど、提携先を作るのが重要だと認識して検討してみましょう。